中古車業者の良し悪しはクルマのこの部分をチェック!

書類をチェックしておく

基本的に、買取業者は古物商に相当します。
このため、古物営業法の則った許可が必要です。
業者選定の目安として、そういう許可を基準にすることもできるでしょう。
おそらく中古CDやDVDなどを売却した際、店舗に身分証明書を提示したかと思います。
中古車買取も、同様であり、もちろん、古物商の一種です。
しかし、中古車は、動産でありながらも資産の一部であり、なおかつ、交通手段の一つともなっています。
したがって、買取の際にも、身分証明書以外の書類が必要です。
まず、車検証になります。
これは定期的に実施される車検を受けたことを証明するものです。
次に、自賠責保険証です。
法律上、自動車を所有するのであれば、強制保険である自賠責保険に加入しなければなりません。
それが適切に行われていることを証しているのが、自賠責保険証となっています。
さらに、納税証明書があります。
これは、自動車税、ないしは、軽自動車税、自動車重量税などを支払っていることを証明しているものです。
自動車が資産の一部である以上、税金も特有なものが課せられるようになっています。
これらのほか、車庫証明書も必要です。
車は保管できる場所がなければ、所有することができません。
自宅でも、あるいは、借りている駐車場でも、とにかく、車を保管できる場所を必要とし、なおかつ、それを公的機関に登録しておくことになります。
車庫証明書はそれを証しているものです。
これらのほか、住民票、印鑑証明書なども必要になります。
買取依頼をする際、十分確認しておおくことも大事でしょう。
なお、身分証明書は、運転免許証のほか、住民基本台帳カード等も利用できます。
ただし、写真付きのものを求められるのが一般的です。
Copyright (C)2017中古車業者の良し悪しはクルマのこの部分をチェック!.All rights reserved.